歩けない程の腰痛(仙腸関節性腰痛)

45歳 女性  Y・Sさん  住所松山市北斎院町

①最初はどのような症状がありましたか?(来院前の状態を教えてください。)

30代頃から腰痛・肩こりがあり、マッサージや整骨院など点々としていました。

令和2年3月に職場が変わり、3日目に強い腰痛、身体全体の筋肉痛、歩行に支障が出る程の足の痛みが出現し、藁にもすがる思いで治療院に相談しました。


②当院に通院するようになって、その症状はどのように良く(変化)なりましたか?

今まで針治療を受けたことがなかったのですが、初日に足の痛みが半分以下になり、なんと仕事にも行ける事ができました。

針は苦手で、よくなかったらやめたいと思っていましたが、週一回のペースで治療を受け腰痛も楽になっています。

日常生活や、仕事にも全く支障はなく、今は治療を続けて良い状態を維持したいと思っています。


③体調が回復してきて一番よかったこと、嬉しかったことを教えてください。

痛み無く、あたりまえの生活が送れるということが一番かと思います。

また、食生活や運動、たくさんの情報やアドバイスを受けることができ、あきらめていた減量(-5kg)を無理なく成功したことがうれしいです。体も軽く、気分も楽になり、前向きな気持ちです。


④同じ症状で悩んでいる患者さんに、アドバイスをお願いします。

患者さんの話をきちんと聴いてくださる、とても信頼できる先生です。

痛みでつらい方だけではなく、より健康的にすごしたいと思っている方にもおすすめかと思います。


【コメント・治療解説】

この患者さんは仙腸関節の異常でしつこい腰痛に悩まされていました。仙腸関節は身体の一番の基礎・土台となります。仙腸関節の異常は周囲の筋肉を緊張させ、しびれを発症させます。

筋肉の緊張は確かに原因ですが、そこを緩めるだけでは、直ぐに悪化するだけです。

当院は腰のAKA治療と鍼治療で原因にアプローチして改善しました。

また毎年、風邪をひいて薬を飲んでなんとか仕事に行くようなことで誤魔化していましたが、治療による体質改善をすることで、風邪を全然かからなくなりました。

この患者さんの体質は東洋医学では痰湿が多いく体が冷えやすい状態でした。

治療や養生法をしっかり実践することで体重がー5kgヘリ、痰湿減ることで、病気にかかりにくい体づくりを実現できました!



最新記事

すべて表示